インターンシップ情報

フクダグループ 採用情報

協力会社の皆さま向け情報

お問い合わせ

技術ソリューション

土木技術CIVIL ENGINEERING TECHNOLOGY

デュアルシールド工法

デュアルシールド工法は推進工法で発進し、推進の限界点からシールド工法に切替えて施工する新しい管路構築方法です
詳しくは、デュアルシールド工法協会ホームページをご覧ください。

イメージ

Dual シールド切替型推進工法東京都下水道局ではシールド切替型推進工法の名称で使用されています。

特徴と利点

密集市街地での管路構築が容易に 急曲線(R10m)施工が可能(交差点内の回転立坑が不要に)

施工工期が短縮 推進工法を併用することで施工日進量がアップ 独自開発したRCセグメントで二次覆工が不要となり工期が短縮

RCセグメント搬送システム

断面図

イメージ技術部ワークステーションでの検証試験

デュアルシールド施工手順

デュアルシールド施工手順

■お問い合わせ
東京本店土木部技術部 onozuka3132@dws.fkd.co.jp

自走式覆工コンクリート湿潤養生システムウォーター・キュア工法

トンネルの覆工コンクリート表面を緻密化し、耐久性の向上を実現(特許取得済み)
国土交通省NETIS 登録番号 HR-110019-A
Made in 新潟 登録番号 24D2001

  • 湿潤養生を継続し、水和反応を促進
  • 組立簡単、自走も可能

模式図模式図

施工状況施工状況

■お問い合わせ
土木部技術部 dobokugijutu@fkd.co.jp

地中放射線測定システム

地中放射線測定システム“Mogurah”
原位置において地中深さ方向の放射線分布を測定、独自開発のCslシンチレーター、遮蔽体、電動昇降装置、データ収集・昇降装置コントロール専用ソフトウエアを装備した端末により構成

  • 1cmピッチの想定可能、GPSデータと連動し詳細データ取得
  • 共同開発:公立大学法人首都大学東京、㈱日本遮蔽技研(特許出願済み)

イメージ

■お問い合わせ
東京本店土木部技術部 dobokugijutu@fkd.co.jp

TOP

技術ソリューション