福田美術展
トップページ > 福田美術館 > 1994年度作品集

 ●1994 ●1995 ●1996 ●1997 ●1998 ●1999 ●2000 ●2001 ●2002

感動創造美術展94
大賞/佐々木勉「樹」

テーマ「交信」

●募集内容:壁面取付可能で長期保存できる平面作品、表現方法自由、
 額装して100×100cm以内、一人2点まで
●応募数:211点(142名)
●展覧会:新潟市美術館市民ギャラリー 1994年8月5日(金)〜7日(日)
●入場者数:約600人

大賞
佐々木勉「樹」
優秀賞/霜鳥健二「線」 佳作/外山文彦「ウインドウズB」「ウインドウズG」 佳作/宮下正孝「自画像」 佳作/清水俊「黄色い詩」
優秀賞
霜鳥健二「線」
佳作
外山文彦
「ウインドウズB」「ウインドウズG」
佳作
宮下正孝「自画像」
佳作
清水俊「黄色い詩」
佳作/佐藤秀治「標本・北のかたち2」 佳作/舟見倹二「The series of space 94-A1」「The series of space 94-A2」 奨励賞/板橋今日子「innocence」  
佳作
佐藤秀治
「標本・北のかたち
佳作
舟見倹二
「The series of space 94-A1」
「The series of space 94-A2」
奨励賞
板橋今日子「innocence」
 
●入選者(五十音順)
愛場和美・青木智・池田則美・市川和英・伊藤忠雄・伊藤泰介・猪爪彦一・榎未穂・小林和夫・小林真理・近藤康之・斎藤学・佐藤裕子・白井友朗・鈴木秀人・足沢秀行・鶴巻俊郎・中村友紀・成田憲一・長谷川徹・林文夫・古川仁史・堀川文章・前山忠・松田昭八・山田春美

講評

■審査員
 前川誠郎(新潟県立近代美術館館長)
 林紀一郎(前.新潟市美術館館長)
 佐藤哲夫(新潟大学教育学部美術科助教授)
 竹山聖(建築家・京都大学工学部助教授)

 新潟県在住または出身者を対象にした第1回目の公募展。出品要項には「平面作品」とあるだけでしたが、応募作品の多くが抽象傾向の作品でした。 1回目にもかかわらずめぼしい県内の作家が顔をそろえました。作品の材料は油彩、アクリル、パステル、水彩、顔料、テンペラ、銅版、墨、鉄、シルク スクリーンなど多彩で、「平面表現にはまだまだ新しい可能性が残されている」(竹山氏)ことを実感させてくれました。入選は30余点。7倍の激戦でベテランの落選が相次ぐというなかなか刺激的なコンペとなりました。


ページのトップへ▲