インターンシップ情報

フクダグループ 採用情報

協力会社の皆さま向け情報

お問い合わせ

企業情報

会社概要COMPANY PROFILE

明治35年、新潟市で個人企業として誕生し、
以来、建築・道路・鉄道・港湾・エネルギー関連施設など、さまざまなプロジェクトに取り組んできました。
新潟県初といわれる道路舗装部門を発足させたことに始まった確実な道路づくりは、道路舗装部門を分離独立させるに至りました。
その後、全国的な営業展開は東証上場を実現させ、さらにはタイの現地法人設立など国際化への第一歩を踏み出すまでとなりました。
今後、さらなる飛躍にむけて、誠実な活動を続けてまいります。

商号

株式会社福田組

資本金

5,158,408,496円

創業

明治35年1月

設立

昭和2年12月

従業員数

881名 (平成30年4月1日現在)

事業内容

  • 1.建設工事の請負、企画、設計、監理およびコンサルティング業務
  • 2.不動産の売買、交換、賃貸およびその仲介ならびに管理
  • 3.住宅の建設および販売ならびに土地の造成および販売
  • 4.地域開発、都市開発、環境整備等の事業ならびにこれらに関する請負、企画、設計、監理およびコンサルティング業務
  • 5.宿泊施設、スポーツ施設、レクリエーション施設、健康・医療施設等の保有、賃貸および経営
  • 6.建設用の資材、機器および機械装置の加工、販売および賃貸
  • 7.前各号に付帯する一切の事業

社是

わが社は誠実と創造をもって事にあたり 建設を通じ社会に貢献します

経営理念

わが社は挑戦する企業体質のもと 人間と環境を大切にし 感動的価値の創造をめざします

シンボルマーク

1992年に制定された福田組のシンボルマーク。 企業理念を反映しているこのマークは、お客さま、そして社会に対する私たちからのメッセージを表しています。マークの配色と、真円から楕円へと変化する形状に込めた意味をご紹介します。

企業情報

配色について

自然環境への配慮

より良い社会環境の創造

人間と感動の象徴

形状の変化について

真円から楕円へ

「たゆまぬ自己改革」

上方へ

「飛躍」

横への広がり

「新たな事業活動への挑戦」

さらに、全体的な印象としては、福田組の「F」をシンボリックに視覚化したものになっています。 こうして見ていくと、このマークの要素は、いずれも人間と感動の象徴「真円」から進化しています。つまり、福田組の活動は、すべて“感動”を原点として始まっているといっても過言ではないのです。

役員EXECUTIVE

代表取締役/執行役員会長

福田 勝之

代表取締役会長

代表取締役/執行役員社長

太田 豊彦

代表取締役社長

代表取締役/専務執行役員

石川 渡

東京本店長 兼 タイフクダ担当

取締役/常務執行役員

荒明 正紀

営業本部長 兼 建設企画部長 兼 法人営業担当 兼 開発事業担当

取締役/執行役員

相馬 良一

建築部長

取締役/執行役員

増子 正弘

土木部長

取締役/執行役員

山本 武志

管理部長 兼 内部統制担当 兼 IR担当

取締役

矢澤 健一(※1)

取締役

中田 義直(※1)

常務執行役員

大岩 千尋

新潟本店長

上席執行役員

大塚 進一

東北支店長

上席執行役員

高桑 正一

大阪支店長

執行役員

田宮 強志

建設企画部副部長

執行役員

今野 和則

建設企画部副部長

執行役員

岩﨑 勝彦

管理部総務人事部長 兼 法務審査部長

常勤監査役

八鍬 耕一

監査役

砂田 徹也(※2)

監査役

宮島 道明(※2)

行動憲章ACTION CHARTER

コンプライアンス宣言

 当社が企業活動を行うにあたり、最大の武器は「誠実」であります。その進むべき先には、「建設を通じ社会に貢献する」という社是と「人間と環境を大切にし感動的価値を創造する」という経営理念に謳われているように、結果として、顧客の絶大なる信頼につながり、ひいては働く我々の物心両面の満足が得られるものと確信しております。

 「社会的存在として社会の要求にこたえる」という企業の社会的使命を考えたとき、「利潤の追求」という企業目的だけでは、もはや生き残れず、さらに新しい価値観が求められてきております。信用を築き上げることが、ひいては利潤に結びつくという基本認識のもと、当社はコンプライアンス態勢を構築し、強力に実践してまいります。

 コンプライアンスは、企業が社会的存在として行うべき行動のうち基本の「基」と認識し、単なる理想やお題目ではなく、企業のリスク管理の観点から徹底されなければなりません。

 当社が建設会社として常に目指してきた「安全第一」、顧客満足度ナンバーワン企業を目指した「お客さま第一」に加え、社会的存在として社会の要求に応える『コンプライアンス第一』を、本日この瞬間から新たな基本精神に据え、いかなる難局にも立ち向かおうと決意しております。

 今ここに、当社が事業活動で守るべき基本事項並びに、地域や環境に対して当社がとるべき行動の基本指針、『福田組行動基準』を定め、我々はこれを十分に理解して、日々行動することを宣言いたします。

福田組行動基準

リスク管理基本方針

TOP

技術ソリューション